インソールを超えたインソール

三点保持

もともと人間は

足裏の踵骨
親指根元の種子骨(拇指球)
小指根元の中足骨(小指球)

の3点を支点とした 三角形のバランス保持理論により、2本足で立つことが可能となりました。

BALANCE理論とは、この3点の支点にバランス調整を行うことで支点保持力を高め、内外の縦足弓や横足弓の働きを活性化させてより質の高い重心バランスに調整し足元から健康を促進する物です。



インソールの比較

・従来のインソール
世界中で販売されているインソールは足裏のアーチ部を高くすることで、
よりフィット感を高める効果を持たせています。

足の型を形成する足底板の考え方です。

オーダーメイドインソールになると、足裏の型を取って成型されるものも多くあります。いわゆる面で立つインソールです。

・BALANCEインソール
BALANCEインソールは、
各アーチの支点保持力を高めることにより筋肉反応を高め、
高い安定性と少ない力での強いバランスコントロールが可能となります。

また、足裏の各支点に適度な高さを施す事により、各アーチの上下運動を
活発にさせ、足元から循環器の活動を促進し治癒効果を期待する事が可能
となります。

さらに重心バランスが取りやすくなることにより歩行が容易になり、転倒予防にも役立ちます。

面ではなく点で立つインソールです。

インソールは、その効果をご理解頂くためことと、責任を持ってご紹介するために来店して頂き、使用感を実際に試して頂くために通販は致しません。

ご興味のある方は、実際に使用感をお試し下さい。

重心が体の中心に来ること、「体の芯」ができることを確認して頂けます。

他のインソールとの違いを実感して下さい。

また、体に不調をお持ちの方、スポーツで体の芯が必要な方は
オーダーメイドのインソールをお勧めします。

オーダーメイドで作成するには、2~3週間を見てください。